マッチョになるなら加圧シャツとおすすめの筋トレ方法

大きな広背筋を鍛える

加圧シャツを購入したなら、筋トレで筋肉を鍛えないといけません。どのような筋トレが効果的か、これは理想とする姿によっても異なりますが、マッチョな姿を目指すなら大きな筋肉を重点的に鍛えるのがおすすめです。

 

腕立て伏せや腹筋が筋トレとしてまず思い浮かぶかもしれませんが、体の中で大きな筋肉として挙げられるのは太もも、そして背中の広背筋です。

 

普通の筋トレなら太ももは真っ先に鍛えたいところですが、加圧シャツの効果は主に上半身にしか及ばないので、まず鍛えるのは広背筋です。

 

背筋は目に見えないことから鍛えにくい部位であり、自重トレーニングがやりづらいのも難点ですが、難しいからこそ積極的に鍛える必要があります。

 

最もスタンダードな広背筋のトレーニングはうつ伏せになり、エビ反りのように上半身と足を上げるものです。

 

加圧シャツを着た状態でもこのエビ反りのような運動は効果的ですが、さらに効果を上げるために意識したいのは肩甲骨です。

 

左右の肩甲骨を合わせるように意識すればより負荷がかかり、効率的に広背筋を鍛えられます。

 

 

 

腹筋は背筋とセットで

そして、広背筋と合わせて鍛えたいのが腹筋ですが、腹筋は筋肉の大きさはさほどでもありません。

 

しかし、背筋と腹筋はバランスよく鍛える必要があり、どちらかだけ鍛えていると体幹のバランスが崩れます。

 

仰向けから上半身を持ち上げる腹筋のトレーニングはあまり効果的ではなく、より負荷をかけるためにまずはうつ伏せになり、腕立て伏せの時のように足を伸ばしてください。

 

腕立て伏せでは手を床につけますが、手ではなく肘を床につけた状態にして、肘から先と足先以外は浮かせます。その状態からへそを覗き込むようにすると、効果的に腹筋に負荷がかかるので、加圧シャツと合わせるとより効果的です。

 

 

 

スクワットと腕立て伏せ

加圧シャツの効果は下半身に及ばないので、筋トレに外せないのが太ももです。

 

まず太ももの鍛え方ですが、筋トレの中でも定番中の定番のスクワットで刺激を与えてください。

 

お尻を膝よりも下までしっかりと下ろすフルスクワットは有効で、こちらは膝に対しての悪影響も少ないのが魅力です。

 

定番である腕立て伏せも押さえておきたい筋トレであり、大胸筋と上腕三頭筋を鍛えられます。

 

この大胸筋と上腕三頭筋は加圧シャツの力により負荷がかかりやすいので、筋肉増強に有効な部位です。

 

腕立て伏せ自体は一般的に知られているやり方で十分ですが、背中を曲げずに真っ直ぐすることでより負荷を感じられます。