ダイエットにしろ筋肉を増やすにしろ、大事なのは基礎代謝です。エネルギー消費量を増やせば脂肪の燃焼が促されて痩せやすくなります。筋肉はエネルギー消費量が多い部分のため、うまく鍛えることでダイエットと筋肉の増量の両方が可能になります。

代謝を高めるとは?

基礎代謝とは何もしていない状態で消費されるエネルギーのことです。実際には何もしていないときは滅多にないものですが、呼吸したり、食べ物を消化するなど生命機能を維持する上で消費される最低限必要なエネルギーのことを指します。ですからこのエネルギー量が多ければ多いほど、痩せやすく太りにくいことになるのです。ダイエットのポイントは摂取カロリーと消費カロリーのバランスにありますが、基本となる消費エネルギーが多ければ、少しくらい摂取カロリーが多くても太らず、また無理な食事制限を行わずとも体重を減らしていくことができます。

この点こそダイエットの成否を決める比重に重要なポイントでもあります。女性がよく陥りやすいのが、摂取カロリーばかりを気にして無理な食事制限をしてしまうことです。その結果筋肉の量が減少して消費エネルギーが減少してしまい、かえって太りやすい体質になってしまいます。無理な食事制限で我慢を強いられたうえに、太りやすい体質になったところで挫折して食事量を増やしてしまうと急激なリバウンドが来る、というわけです。

筋肉を増やそう!

この消費エネルギーが非常に多いのが筋肉なのです。筋肉を維持するためには非常に多くのエネルギーが必要になるため、量を増やせば増やすほど消費エネルギーが増えて太りにくくなります。よく「筋肉は重いので体重が増える」「ゴツゴツとした体型になってしまう」といったマイナス点が女性の間からよく聞かれますが、それは筋肉の一面しか見ていない意見なのです。

筋肉を増やすためには当然トレーニングが必要なのですが、ハードな筋トレは続けられないという方も多いはず。基礎代謝を高める目的で筋肉量を増やす場合には、代謝アップに役立つ筋肉を重点的に増やしていきましょう。

実は、増やしやすい筋肉と代謝アップに役立つ筋肉は別です。増やしやすい筋肉といえば腕や腹筋を連想する方も多いと思いますが、代謝アップでは日ごろ使うところが多い筋肉を鍛えたほうがよいのです。具体的に腰の部分にある大腰筋と腸骨筋、背中にある脊柱起立筋、お尻の少し上にある中臀筋です。

これらの部位にある筋肉がどうして代謝アップによいのか?場所を頭の中でイメージすると分かりやすいと思いますが、これらの部位は座っている場合でも、立っている場合でも体を支えるために使う部分となっています。腕や腹筋に比べて使う機会が多い分、継続的にエネルギーを消費できるので非常に効率がよいのです。代謝を上げる目的で筋肉量を増やしてみよう!という方は、まずこれらの部位のトレーニングから始めてみてはいかがでしょうか。

筋トレの関連記事
  • 簡単!基礎代謝を上げるなら筋肉量を増やすだけ!筋トレで鍛えるならこの部位がおすすめ
おすすめの記事